top of page

浜松市防災学習センター「はま防〜家」視察

浜松市役所での贈呈式の後、防災学習用VRが設置される予定の「浜松市防災学習センター”はま防〜家”」の視察に行ってまいりました。



浜松市防災学習センター「はま防〜家」は、多くの市民が防災について楽しく学び、体験できるよう作られた施設です。模擬家屋内での体験型学習やワークショップを通じて、地震や火災などの災害に備えた適切な行動や対策を身につけることができます。





はま防〜家から広がる防災の学び

浜松市防災学習センター”はま防〜家”には、受動的な展示に加え、多くの体験型の展示があります。


実際の被災現場の写真パネルの展示


イラスト化された浜松市


模擬室内での「そなえミッション」

専用のタブレットであちこちに設定されたコードを読み取ることで学習できる。


避難所の体験コーナー

実際に座ったり、寝転んだりして、当事者目線での体験ができます。



VRを使った新しい防災学習

はま防〜家に入ってすぐの防潮堤の学習パネル。

このスペースに地震を体験できる防災学習用VRが設置されます。


はま防〜家に来て、一番初めにこの防災学習用VRを体験する方にとって、弊社の制作したコンテンツが文字通り「防災意識の入り口」となりえること、大変光栄に感じております。




はましんリース株式会社様の寄付により実現したこのプロジェクトが、浜松市の安全福祉に深く貢献し、明るい未来に繋がりますこと、心から願っております。



(株式会社白獅子 広報担当A)



閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page