top of page

​当社の災害体験、防災、減災に向けた「災害VR」の特徴

​①『VR酔い』し難い設計。
▶︎ 10,000人以上のご体験から得たノウハウを活かしています。

​②ご検討中の方へ「無料体験貸出」。
▶︎ 一度ご体験いただいてから、ご検討いただけます。

​③ご検討中の方へ『無料でオンライン相談』。
▶︎ ご不明な点は、お気軽にご質問ください。

​④簡単に視聴可能、装着のみで再生されるコンテンツ。
▶︎ 簡単にご使用いただけます。また、これまで事故怪我等、一件も発生しておりません。

​⑤イベント2日前までの配送。
▶︎ 費用はイベント等でのご使用当日、開催日数となります。

​⑥高品位でリアルな表現。
▶︎ 専門家監修によるリアリティと、高品位な3DCGによる映像表現。

ご使用事例

VR動画サンプル(4K)

※YOUTUBEの4K設定(2160p)で、ご視聴ください。 


 

4点のVR動画を入れてお送りいたします。(体験時間2分程度)

特に土砂災害、教室での地震を再現したコンテンツへは、お問合せを多くいただいております。

​各サービスの説明と事例、及び Q&A

▶︎ レンタル/リースについては、以下から詳細をご確認ください。

当社の「災害教育VR(4K)」の特長

災害VRコンテンツ販売/レンタル/リースサービス

私たちは、現実に即した災害体験を3DCGとVR技術で提供する、高画質な4K映像コンテンツの販売/レンタル/リースサービスを行っています。
火災、地震、土砂災害、水害といったさまざまな災害状況を360°VR映像で体験することができます。

 

サービス内容

これらの映像は、危機管理教育のために最適化されており、具体的な防災対策や避難行動の指導に役立つカスタマイズも可能です。
例えば、地震発生時の家具の固定方法や津波警報時の避難行動など、リアルな状況下での正しい対処法を学ぶことができます。
安全な環境での体験を通じて、災害時の対応力向上を目指します。

 

専門家による監修

当社のVRコンテンツは、各分野の専門家による監修を受けて制作されています。
公の場所で公開される際には、単にリアルなCGやグラフィックで再現されたものではなく、正確かつ信頼性の高い情報を基に構築されたものです。
単にリアルなCGで情景を再現している内容とは異なります。
体験者はより現実に近い災害シミュレーションを通じて、具体的な対策や行動を学ぶことができます。

 

利用の利便性

当社の提供するVRコンテンツの利点は、VRセットの箱を展開してすぐに誰でも使用できる点です。
これまで事故や怪我などは一度もなく、常に安全に配慮して体験会を行っています。

 

ご利用実績

行政機関、医療機関、消防局、大学、高校、小中学校、研究機関、青年会議所(JC)、ロータリークラブ、商工会議所、地域の催しなど、様々な場面でご活用いただいています。

​詳しくは、下記の「VR動画サンプル」「事例」他をご覧ください。

防災減災、教育の新たな手段

①災害体験VRコンテンツ(高画質4K)販売について

  • 災害VRコンテンツ価格:1コンテンツ/¥700,000(税別)

  • カスタマイズオプション:¥50,000〜(税別)
    ※価格は標準パッケージの場合で、詳細はお問い合わせください。
     

  • コンテンツ価格: 災害VRコンテンツを1コンテンツ70万円(税別)で販売いたします。
    ※VRデバイスは付属いたしません。弊社からご購入いただくか、別途ご準備ください。

     

  • デバイス互換性: 他のVRデバイスへコピーして使用する際の上限は設けておりません。
     

  • インストール費用: 当社でのインストール費用は、1台につき1.5万円(税別)となります。
     

  • コンテンツ追加: 新しいコンテンツを発表した際は、新たにインストールして付け加えることが可能。
     

  • 保守料金: 基本的には無料です。
    ※お問い合わせ、遠隔での定期メンテナンスを含む12か月パックはオプションで12万円(税別)です。
    ※内容に応じて調整が可能です。

     

  • スタンドアロン型: 屋内外問わず、テント内などで使用可能です。
     

  • カスタマイズオプション: 災害体験に加え、日頃からの注意点や避難方法を示唆するテロップや別コンテンツを追加できます。
    費用は応相談。例:テロップ追加対応50,000円(税別)~

    ​▶追加テロップ挿入につきましては、こちらの記事をご覧ください。

     

  • 無料体験:ご担当者の方の確認用に5営業日程度の日数で、災害体験(土砂、津波、地震、火災)をインストールしたVRデバイスを無料貸し出しいたしております。(配送料無料)
    ​必要の際は、ご連絡ください。

     

VR酔いに対する対策

私たちの災害VRコンテンツは、災害教育関連のイベントや産学官での共同研究において、延べ10,000人以上の体験実績があります。
その中でVR酔いは大きな課題でしたが、開発と検証を繰り返し、現在提供しているVRコンテンツは、多くの体験者の
方に対して、VR酔いが発生しにくい設計となっています。
世代を問わず安心してご使用いただけるよう、快適性と安全性に絶対の自信があります。
また、これまで事故や怪我は一件も発生しておらず、安全にご利用いただいております。

①お問合せ:メール、電話等で担当者が対応いたします。

②書類作成:見積書、請求書等を作成いたします。

③配送:ご指定日時に合わせて担当者が出張、もしくはオンライン納品、説明。

invoice.png

④ご返送:請求書の発行。

⑤保守管理:遠隔操作にて対応、もしくは定期的に担当者が訪問いたします

②災害体験VR(高画質4K)レンタルサービスについて

​​1.レンタル基本費用

  • 災害VRコンテンツ価格: 1コンテンツ/29,000円(税別)/1日、1台

  • 事務手数料: コンテンツの挿入作業等、5,000円(税別)/1台

  • 送料: 実費
    備品について: VRマスク、モニタ、PC等の備品については別途お問い合わせください


 オプション費用

  • VRマスク、モニタ、PC等の備品: 別途お問い合わせください

  • スタッフ派遣費用:
    準備説明のみ:25,000円(税別)/1人
    催し時間内:50,000円(税別)/1人
    会場でのVRデバイス使用説明:進行管理費が別途発生(詳細はお問い合わせください)

  • 事前講習(オンライン): 15,000円(税別)(5台以上貸出の場合は無料

  • 当日、催し会場への直接持ち込み: 無料
    ※スタッフ派遣の場合、スタッフが実機をお持ちいたしますので、送料は無料となります。
    ※事前送付、付属のマニュアル(内容:4行程)のみで、通常はご使用いただけます。
     

 10台以上のレンタルの場合

  • 専門スタッフが当日会場へ交通費等無料で伺い、機材の使い方や体験者への対応方法をレクチャーいたします。
     

2. 対象とする利用者層

  • 本レンタルサービスは、減災および防災教育を行う機関や団体、地域コミュニティ、企業の防災教育を主な対象としています。
    防災意識の高まりと災害への備えが社会全体の安全と安心につながるため、目的に合致する利用者からのレンタルを積極的に受け付けています。

     

3. 使用方法

  • 簡単な操作: VRゴーグルを装着するだけで、自動的に災害体験VRコンテンツがスタート。事前の複雑な設定や体験者への詳細な説明は不要です。
    各体験は約40〜50秒間と設定されており、VR酔いに配慮したコンテンツ開発を行っているため、安心してご利用いただけます。

    ※催し等で体験者の方への説明パネルも同封。
    ※体験者の方へは「ゴーグルを装着したらコンテンツが始まります。」の一言で視聴提供が可能。
    ※普段から眼鏡を着用されている方も、眼鏡をかけたままご視聴が可能。

     

4. VR酔いに対する対策

  • 私たちの災害VRコンテンツは、災害教育関連のイベントや産学官での共同研究において、延べ10,000人以上の体験実績があります。
    その中でVR酔いは大きな課題でしたが、開発と検証を繰り返し、現在提供しているVRコンテンツは、多くの体験者の方に対して、VR酔いが発生しにくい設計となっています。
    世代を問わず安心してご使用いただけるよう、快適性と安全性に絶対の自信があります。
    また、これまで事故や怪我は一件も発生しておらず、安全にご利用いただいております。

     

5. 期間

  • 前々日〜催し当日(1日)〜翌日返送。
    ※上記日数換算で「1日」分となります。
     

6. 資料ダウンロード

  • 災害体験VRレンタルについての資料は、こちらからダウンロードをお願いします。

①お問合せ:メール、電話等で担当者が対応いたします。

②書類作成:見積書、請求書等を作成いたします。

③出荷準備:入金確認後VRデバイスを準備、配送します。

※お支払いについて自治体の方はご相談ください。

④配送:ご指定日時に合わせて目的の場所へ配送します。

⑤お受取:イベント2日前にはお届けします。(貸出日数にはカウントされません。)

⑥ご使用前の説明:イベント前に使い方をオンラインで説明します。
※オプションとなります。

⑦催しでのご使用:イベント当日を「ご使用1日分」として、ご使用いただけます。

⑧ご返送:同封の返送伝票でご返送ください。(イベント翌日中のご返送お願いします。)

③災害体験VRリースプラン(イべント、展示)について

1. リース料金

  • 10回、2台/1年プラン: 280,000円(税別)

  • 20回、2台/1年プラン: 500,000円(税別)

  • 40回、2台/1年プラン: 1,000,000円(税別)

    • 機材配送料は別途発生いたします。

    • リースご契約の場合、催し後、一旦ご返却ください。

    • 4コンテンツ(土砂、水害、地震、火災)がインストールされます。
      ※イベント毎に土砂、水害、地震、火災の中から、内容を改変しての送付も可能です。

      ※年間分割でのお支払いも可能です。

    • 予定回数が増える場合には、別途ご相談ください。
       

2. リースサービスの目的

当社のミッションは、VR技術を駆使したリアルな災害疑似体験を通じて、より多くの人々に災害への意識を高めてもらい、具体的な対策を学んでいただくことです。
自治体、研究機関、企業に対して、持続可能な災害教育プログラムの実施を提案します。

 

3. リースサービスの詳細

  • ご相談・お問合せ後:担当者がご訪問し、「災害体験VR」の体験説明会を実施。リースについてのご不明点を解消いたします。

  • 契約時: 賃借契約書を作成し、契約締結後にリースサービスを開始。

  • お支払い:サービス開始年度の初めに費用をお振り込みいただきます。

  • 計画:年間または毎月のご使用予定日をメールで事前に連絡。

  • 配送:サービス開始日までに指定の場所へVR機材を配送。

  • 実施:災害体験VRを使用した防災減災教育プログラムなどの催しを実施。
    ※初回、スタッフ派遣、現地でレクチャーを行います。

  • 保守管理::保守管理費用込み。年に一度、保守点検を実施。機材破損時は別途用意いたします。
     

4. 提供コンテンツ

  • VRデバイスの貸出台数: 1回の催しで2台までを上限とします。

  • 貸出ソフトウェアについて: 4コンテンツ(土砂、水害、地震、火災)がインストールされます。
    ※イベント毎に土砂、水害、地震、火災の中から、内容を改変しての送付も可能です。

    • 4コンテンツ以上の貸出が必要な場合はご相談ください。
       

5. 期間

  • リース期間は4月1日〜3月31日までです。

  • 年度途中で契約の場合、初年度は日割りでの費用となります。
     

7. 特徴

  • 地域や他の団体への貸し出しも可能です。

  • 初回導入レクチャーやサポートを含むため、初めての利用者でも安心してご利用いただけます。

  • 持ち運びが容易なスタンドアロン型で、屋内外問わず、様々な場所で使用可能です。

①お問合せ:メール、電話等で担当者が対応いたします。

②説明会:「災害体験VR」のご体験・質疑応答を行います。

③書類作成:見積書、契約書、請求書等を作成いたします。

④出荷準備:VRデバイスを準備、配送します。

⑤配送:ご指定日時に合わせてお客様の元へお届けします。

⑥お受取:オンライン、もしくは最初の催し場所へ同行し、現地で説明します。

⑦催しでのご使用:リース用デバイスを催し毎、開館時にお使いください。

⑧保守管理:年に一度、保守点検を行います。

⑨保守管理:保守サポート:不具合の際は代替え機をお送りいたします。
お問い合わせの上、不具合の見つかった機器をご返送ください。

④ソフトウェアのカスタマイズについて

既存のVRコンテンツを用いた災害体験は、具体的な災害状況をリアルに再現し、防災減災の知識と対策を学ぶ貴重な機会を提供します。

私たちは、土砂災害、地震、火災、津波といった災害種別に対応した360°VR映像コンテンツをベースに、お客様の教育ニーズに合わせたカスタマイズサービスも提供いたしております。
自社開発だからこそ柔軟な対応が可能となる、それが一番の私たちの強みです。


▶詳しくは、こちらをご覧ください。


サービス内容

  • カスタマイズオプション: 防災減災教育に必要な指導内容を、既存のVR映像に追加・編集します。

  • 利用プロセス: お問い合わせから、メールでの詳細なやり取り、契約、講習会の実施、機材の発送と返送まで、一貫したサポートを提供します。

  • 教育効果: 文章や写真では伝わりにくい災害のリスクを、疑似体験を通じて直感的に理解できます。
    実際の災害発生時の冷静な行動につながる知識と経験を提供します。

 

※費用についてはお問合せください。

※レンタル、リースと共通の内容です。

災害教育の催し等、開催される企業様への貸し出しも行っています。

お気軽にご相談ください

株式会社白獅子の災害教育VRレンタルサービスは、リアルな災害体験を提供することで、防災意識の向上と正しい知識の普及を目指しています。
このサービスは、教育機関、自治体、そして地域コミュニティに対して、予算の制約がある中でも高品質な災害教育を実施できる機会を提供し、災害発生時の対応力を高めることを目的としています。
VR技術を利用した疑似体験は、単なる情報提供を超え、実際の災害状況を体験することで、より深い理解と実践的な学習を促進します。
私たちは利用しやすいレンタルオプションと、全てのユーザーが安全に利用できるように配慮したコンテンツ開発により、社会全体の災害対策の強化に貢献します。

私たちの目標は、より多くの方々が災害時のリスクを理解し、適切に備えることができるようにすることです。

災害教育VRレンタルサービスを通じて、私たちは全ての人が安全で安心な社会を築くことへ貢献いたします。
ご興味をお持ちいただいた場合は、ぜひお問い合わせください。
改めて、ご質問やサービスに関するお問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。
サポートできることがあれば幸いです。

株式会社白獅子 チーム一同

販売、レンタル、無料体験他ご相談は、以下の内容を御記載の上、送信ボタンを押してください。

送信ありがとうございました二ゃ!

bottom of page