会社名:株式会社白獅子(シロジシ) (英語表記 : Snowlion.Inc)

設立:平成25年8月29日

資本金:900万円(資本準備金500万円)

社名の由来

「株式会社白獅子」という社名は、代表の春名がかわいがっていた猫の名前が由来です。

11月の寒い夜、春名は事故で瀕死の状態だった猫を助け、“白”と名付けました。

春名の仕事場に住むことになった白は、春名を励ましたり癒したりしてくれる大切な存在になります。

ところが、幸せな日々は長く続かず、白は病に侵されてしまいます。

当時起業を志していた春名は、「会社を作ったら白が社長だ!だから頑張れ!!」

と励ましながら白の看病を続けました。

しかし、春名の祈りもむなしく、白はやがて、静かに息を引き取ります。

雪の降る寒い日のことでした。

その後、春名は会社を設立しますが、社長になるはずだった白はもういません。

代表となった春名は、せめてもの想いをこめて、自社に“白”の名を入れた『白獅子』という社名をつけました。

英語名のSnowlion.Incは、雪のように真っ白だった白を、雪の降る日に見送ったことに由来します。

Snowlion.Inc

白社長/Knowledge Communication Method Proposer
(知識のコミュニケーション方法提案者)

白獅子の社名の由来となった、猫の白(ハク)とそっくりな猫と出会い、

白(しろ)と名付けてそのまま社長就任。
鋭い眼差しと軽快な身のこなし、大人なのに自分を子猫だと思っている柔軟な姿勢。
ニャーと時々怒ってプシャーッしか言わないはっきりした性格の持ち主。
『猫が社長って大丈夫か?』と以前皆大手企業の重役に言われながらも今では良き理解者となり、経済界でも有名?な白獅子の良きリーダー。

美人秘書 カレン(執行役員)

例えそれが書類の上でも、美しい立ち姿を決める美人秘書
​▶︎
「カレンのカレンダー」ラインスタンプ発売中

秘書見習い 小梅(執行役員)

仕事より食い気?!修行中の秘書見習い

常務 メイプル

鋭い視線で春名の仕事を監視する重役猫
▶︎
Twitterアカウント”春名メイプル”
▶︎
「猫のメイプルさん」ラインスタンプ発売中

Webデザイナー/プログラマー

天谷隆行(あまたにたかゆき)イメージキャラクター、緑の鳥。

大手ゲーム会社にて有名タイトルのプログラミングを手掛け、退職後、金融関連ポータルサイトの構築などを行う。 

3D造形エンジニア

芝谷尚紀(しばたになおき)イメージキャラクター、赤いたぬき。

国立大学医学部卒業、医師免許を取得するも”人は制御できない”という理由から大阪大学でアンドロイドの研究を行い、ロボット開発会社を経て弊社エンジニアとして就任。

医療、工業の分野での経験と知識から、様々な試作開発を得意とする。

プログラマー

鈴木邦章(すずきくにあき)イメージキャラクター、蒼猫。
ECサイト、管理システム、艦船などの制御プログラミングなど開発経験は多く、コミュニケーション力に長けたプログラマー。
​多くの信頼を得る有能なシステム開発管理者でもある。

プロデューサー
多田芽美(ただめみ)イメージキャラクター、黒猫。
制作業務の窓口担当。

また多くのCM・映画の撮影経験を持つ若手女流カメラマンでもあり、

CGの知識に加え、女性ならではの感性を活かした映像の撮影やセンスの良い編集に定評がある。

コンテンツディレクター
岸久美子(きしくみこ)イメージキャラクター、福猫。
制作業務の窓口、他。
都内でアパレル業界などに従事した経験を経て~、白社長の呼びかけにより、2020年4月1日より当社業務に携わる事になる。
​▶︎
白社長の呼びかけについては、こちら。

春名義之
1975年12月14日生
​3DCGが専門。元都内のゲーム開発会社3DCGデザイナー。

岡山へ帰省してから、フリーランスとして東京、大阪、ヨーロッパのクライアントのもと、劇場用映画やゲーム関連のCG制作を行う。
元禄15年の『赤穂浪士討ち入りの日』生まれなので、義士から一字をもらい義之となる。
​好きな言葉は、「深謀遠慮」

イメージキャラは白くん。
自分が白猫というより、会社名の由来となった猫の白くんと共にある事を願って。
​写真は猫さんのポーズ。
2019年11月、台風で家に帰れなくなった時、家の猫を思い出しながら撮影。

代表取締役 春名義之
(創業者、現在:社長秘書)

素晴らしい技術や文化を解りやすく世界へ伝えることで、社会は良くなると信じています。

しかし言葉によるコミュケーションは完全ではありません。

また写真や映像においても伝えきれない部分は多くあると感じます。

私たちの仕事はそういった専門的であるがゆえに伝えにくいことを、分かりやすく伝えることだと考えています。

研究開発者、作る人と使う人、技術と社会、ベンチャー企業と投資家、白獅子の使命は、その橋渡しをする事です。

時間は一度使うと二度と戻りません。
その貴重な時間の中、なかなか他人は自分たちの話を聞いてくれません。
​しかし、その中にあって、自分たちの話を聞いてくださる人は、本当に貴重な存在です。

貴重な出会いを大切にするため、『知識と言語の壁を超える』 この理念のもと分かりやすいコミュニケーションの重要性を世界へ提案します。

そして、”なぜ、ネコネコ言っているのか?”
本来猫は一人(猫)で生活する狩人ですから、人からはボーッとしているように見えても常に周りの環境を注意深く観察しています。
また基本的に争いを好まず、相手との距離感を常に意識している存在です。
私は幼少の頃より猫と共に育ちました。
その行動や生活感を人間の社会に置き換え生活していると、自ずと相手の気持ちを察する事を心がける様になります。
そういった”猫の哲学”を持ち、

「目の前の人のために何が本当に必要か?」と、猫の様にじっくり観察をする姿勢(本能)を、制作に活かし続けられる会社を育てたいと考えているからです。
 

■参加団体

神戸姫路日経懇話会 http://www.nikkei.co.jp/konwakai/
「猫会(仮)」
https://otakei.otakuma.net/archives/2019101503.html

おたくま新聞様記事より

『猫好きが集まる秘密の集会「猫会(仮)」に潜入』

<岡山開発室>

 〒701-1221岡山市北区芳賀5303 ORIC210室

岡山リサーチパークインキュベーションセンター内にあるオフィス。
​高度なセキュリティと、行政、金融機関から手厚い支援制度
があり、機密性の高い研究開発へ集中できる機能的かつ先進的な施設。
​国際便就航が多い岡山空港と近いため羽田、桃園(台湾)、浦東(上海)、香港、仁川と世界のハブ空港へアクセスしやすい立地にある。

山奥なので自然環境が美しく、色んな野生動物と触れ合える。


市街地から車で20分程度。
 

<東京営業所>

〒107-0062東京都港区南青山1-20-2

2017年開設。
創業者の春名が都内のゲームコンテンツ開発会社でCG制作をしていた事もあり、制作、開発業務に関するお問い合わせは東京方面からが多く当社の年間制作・開発件数の大半をしめているため、ご相談をお受けする場所として必要な東京での重要な拠点となるー。
東京メトロ乃木坂駅から歩いて10分。受付他、常駐。住宅街近く。

東京営業所 電話番号:03-6891-7436
​(9:00〜18:00/平日)

<大阪営業所>

〒540-0039大阪市中央区高麗橋3-33

2020年開設。
大阪の商業の中心でもあった歴史ある高麗橋の近くのオフィス。
会議室、テレビ会議システムを設置。
当社が神戸で創業した事もあり、私たちにとって関西圏には重要なクライアント様、支援者様が多く、より身近に密接に対応を行うための拠点を設置。
OSAKAメトロ、北浜駅より徒歩5分。
「CSSC地域産業振興コンソーシアム」の施設をお借りしています。

http://www.css-con.org/

ft.jpg

<岡山開発室>

〒700-8530
岡山県岡山市北区津島中1-1-1
岡山大インキュベータ206

<東京営業所>

〒107-0062

東京都港区南青山1-20-2
 

<大阪営業所>

〒540-0039

大阪市中央区東高麗橋3-33

代表:TEL:086-236-8869

Copylight © 株式会社白獅子