top of page

​受託開発とコンテンツレンタル

受託開発の詳細

当社では、医療VRコンテンツの受託開発も承っており、ニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

  • 開発の流れ: ご相談 → 提案 → 仕様書作成 → 契約 → 開発 → 納品 → 保守管理

  • 料金および条件: 納期や開発内容により変動


技術的詳細と主な特徴

  • 使用技術: 3DCGはAutodesk Maya、C4D、LW2023、開発はUE5、Unityを使用。
    VRデバイスはMeta Questシリーズ、PICOに対応。

  • 特徴: 高精細な3DCG、豊富な開発経験と実績


VRによる体験〜期待される効果

  • 効果とメリット: 体験を通じて、様々な事に対する対する理解を深めることができます。

  • フィードバック: 過去の利用者からは高評価をいただいております。
     

私たちについて

現在、岡山大学病院内のBIZENラボにて、3DCGやXR技術を用いた災害、医療関連の研究サポートを行っています。
将来的には「災害医療」に特化し、災害時のオペレーションを体験しながら学習可能なXRコンテンツの開発を目指しており、世界中の自然災害や紛争地域での緊急時対策に貢献することが目標です。


また共同開発、研究により、制作されたVRコンテンツも貸し出しを行なっています。
▶︎ 感染症対策VR
▶︎ 糖尿病VR

 

御相談の場合は、以下の内容を御記載の上、送信ボタンを押してください。

送信ありがとうございました二ゃ!

bottom of page