top of page

食道がん術後ケアへの新アプローチ: VR技術が拓く未来

食道がんの治療後の回復期には、患者に対する包括的なケアが不可欠です。 私たちはVR技術を活用することで、従来にない術後ケアのサポート方法を模索し、新たなツールの開発を進めています。

実際の使用シナリオ

開発中のVRケアプログラムは、患者と医療従事者がVR空間で直接交流できる新たなプラットフォーム開発を目指しています。

このシステムは個々の端末からアクセスし術後ケアに関する指導や情報交換を行うことが可能です。

この技術的アプローチにより地理的な制約を超えた、より密接なコミュニケーションが期待されます。


プロジェクトチームとパートナーシップ

本プロジェクトは岡山大学医学部保健学科、横浜国立大学、県立広島大学との共同研究によって進行中です。

様々な研究機関との連携による、医学とテクノロジーの知見を結集しVRを用いた術後ケアの可能性を探っています。


技術的詳細

VR空間の構築には、Autodesk MayaとUnreal Engineを使用しています。この技術を駆使し、患者にとって親しみやすく、心地よい環境を創出することに注力しています。


プロジェクトの課題

開発過程では多数のユーザーが同時にアクセスする際のサーバー構築が大きな課題です。

しかし、私たちはユーザビリティを最前線に置き、使いやすいUI/UXの設計に努めています。


今後の展望

開発段階にある当プロジェクトは、食道がん術後のケアにおけるVR技術の活用可能性を模索しています。

未来に向けて患者と医療従事者が共に利益を享受できるような交流の場を提供できることを目指しています。

VR技術を通じて、医療分野に新たなソリューションをもたらし、患者の回復期における生活の質の向上に貢献したいと私たちは考えています。


※写真は開発中VRシステムのイメージです。


閲覧数:22回0件のコメント

Comments


bottom of page