top of page

薬剤師研修:VR技術で進化する学びの形


株式会社白獅子は、岡山大学病院薬剤部の依頼を受け、薬剤師の研修を革新するVR技術の開発に挑んでいます。

このプロジェクトの目標は、VR空間内での実践的な体験を通じて、薬剤師候補生に実際の医療現場に近い環境での学習機会を提供することです。


プロジェクトの概要

開発中のVRコンテンツは、「在宅編」と「病院編」の二つのシナリオから構成されており、それぞれの環境下で患者さんに対する適切な薬の配布や指示が行えるかどうかを評価します。

薬剤師として必要な知識とスキルを効率的に習得する学習の一部として機能します。


技術的な詳細

スタンドアロン型のVR機器を使用することで、場所を選ばずに研修を実施できる柔軟性を持っています。

リアルタイムでの操作性とインタラクティブな学習環境が、現実に近い体験を提供します。

これにより患者とのコミュニケーション能力や、診察時の対応能力の向上が期待されます。


例えば患者に対しては、 患者→話しかける→しんどい。点滴しているとこが赤くなっている。         →症状を確認する 熱が続いている         →体温を確認する 朝38.2℃あった         →点滴の刺入部を確認する 発赤があるようだ         →カルテ情報を確認する→Sheet2の検査値情報 という確認事項、コマンド、選択肢があり、VR空間内での研修は展開されます。


開発の背景と期待される効果

実際の患者との対話や対応を模擬的に体験する機会が限られている場合、先ずはVRコンテンツを用いて研修を行います。

このVR研修システムにより、患者との効果的なコミュニケーションや、正確な薬剤管理の技術を、リアルな状況下で学ぶことができます。

特にコミュニケーションが苦手な薬剤師候補生も、このシステムを通じて自信を持って患者対応が出来る様になることを目指しています。


実装と評価

開発プロセスは薬剤部からの要望を収集し、必要な機能を定義することから始まります。

VR空間内での行動が可能になるまでの初期開発を経て、実際の研修シーンでの使用に向けた修正や調整を行います。

この段階では研修を受ける薬剤師からのフィードバックが重要となります。


将来の展望

このVR研修システム開発で、私たちは医療分野における教育の新たな可能性に微力ながら貢献出来ればと考えています。

医療だけでなく、労働災害や災害時の対応訓練にも応用可能であり、VRコンテンツによる教育の可能性は無限大です。

またこの技術は、多国語対応や複数人での同時ログインといった機能も備えており、国際的な研修プログラムの開発にも貢献できることを目標に開発を進めています。


株式会社白獅子が手掛ける薬剤師研修用のVR開発プロジェクトは、医療教育の未来へ貢献する重要な一歩だと捉えています。

VR技術を活用した研修システムは薬剤師候補生に実践的な学習機会を提供し、医療現場での教育推進に貢献します。


(株式会社白獅子広報S)

閲覧数:34回0件のコメント

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page