top of page

瀬戸内市での伝統と革新 - 刀剣供養祭と災害教育の融合

瀬戸内市にて備前長船刀剣博物館にて行われた山頂毛の公開と、刀剣供養祭が行われました。

この地域は、長い歴史を持つ日本刀の産地として知られ、刀剣文化の深いルーツを持っています。

刀剣供養の寺院として有名な慈眼院での供養祭では、瀬戸内市長や著名な刀匠の方々がお集まりになり刀剣文化の尊重と保存の重要性を発信いたしました。


また、この日は単なる伝統行事に留まらず、現代の要素も取り入れられ、供養祭の後、瀬戸内市と瀬戸内市観光協会が主催する催しで、私たち株式会社白獅子が提供する災害体験VRが披露されました。


刀剣と災害教育という異なる分野が一堂に会する珍しいシーンでしたが、この組み合わせがうまく機能し、参加者の方に新たな学びと気づきを提供出来たと考えています。


災害教育の新たな試みと瀬戸内市との連携

私たち白獅子は、VR技術を用いて災害の疑似体験を提供し、防災意識の向上に寄与しています。

瀬戸内市、瀬戸内市観光協会の協力の下、今回で3回目となる災害体験VRの催しは、市民の皆さんの間で防災教育の意識向上に対し貴重な機会となったと考えています。






参加者への特別なお礼

この催しには小さなサプライズもありました。

災害VR体験後のアンケートに回答、瀬戸内市のSNSをフォローされた皆さんには、瀬戸内市限定のマスキングテープが配布され、地域の特色を伝えるユニークな方法として参加者の方の心を捉えました。




まとめ

瀬戸内市での催しは、伝統と革新の見事な融合を行い、刀剣供養祭から現代の災害教育まで、異なる要素が組み合わさることで、より豊かで多面的な学びの場が生まれたと考えています。

これは瀬戸内市が一都市でなく、歴史と現代技術が共存し、新たな価値を生み出す可能性を秘めたコミュニティであることを示しています。

私たち株式会社白獅子は、このような地域との連携を通じて、VR技術を活用した教育と啓蒙活動を推進し続けます。

瀬戸内市のような地域においても、私たちの技術が社会貢献と地域の活性化に寄与できることを実感し、これからもその使命を全うする所存です。

この度のイベントにご参加いただいた皆様、そして瀬戸内市、瀬戸内市観光協会様には、心より感謝申し上げます。


今後とも私たちの活動にご注目いただければ幸いです。

閲覧数:26回0件のコメント

Comments


bottom of page