top of page

ご当地キャラクターの3D化:新たな次元で地域を魅了する

3D技術の進歩は、私たちの新たなコミュニケーションの手段として有効に活用されています。


私たちは3DCG技術を用いたVRの開発・制作だけでなく、キャラクターの3Dモデル化も行っています。

2次元のイラストから3次元のモデルへの進化は、キャラクターの表現力を格段に向上させ、視聴者に対してより深い印象を残すことができます。


今回は、浜松市マスコットキャラクター「出世大名家康くん」(以下、家康くん)と「出世法師直虎ちゃん」(以下、直虎ちゃん)の3Dモデル化のご紹介を通して、

オリジナルキャラクターを3Dモデル化することによってもたらされるメリットや魅力をお伝えいたします。



「出世大名家康くん」と「出世法師直虎ちゃん」

出世大名家康くん」は2011年に誕生した浜松市のマスコットキャラクターで、「ゆるキャラ(R)グランプリ2015」ではグランプリに輝くなど、浜松市を飛び出して全国で愛されてきました。

その後誕生した「出世法師直虎ちゃん」も、「家康くん」と一緒に浜松市の魅力を発信する重要なキャラクターとなっています。


そんな「家康くん」と「直虎ちゃん」を3D化することで、リアルで動きやすくなり、より幅広い表現ができるようになりました。

キャラクターの3Dモデル化は、キャラクターが持つメッセージをより強く、より広く伝えることを可能にし、視覚的な魅力を最大限に引き出します。





3Dキャラクターの活用

地域や行政、企業に向けて、私たちはキャラクターの3D化の取り組みを推奨しています。


新しいキャラクターを生み出すのではなく、既に愛されているキャラクターを2次元から3次元へと進化させることで、そのキャラクターの歴史をそのままに新しい価値を創造することができます。


また、動きのある3Dキャラクターはアイキャッチに優れており、情報伝達の手段として3Dキャラクターを活用することで単に視覚的な魅力が増すだけでなく、情報伝達の効果も高まると考えられます。



地域・行政・企業への影響

3Dキャラクターの活用は、地域コミュニティだけでなく、行政や企業にとっても大きなメリットをもたらします。


3Dキャラクターを用いることで、地域のイベントや公共キャンペーン、企業のプロモーションが若い世代の人々の目にも留まりやすくなり、社会的なメッセージや教育的な内容への興味を持つきっかけとなります。

さらに3Dキャラクターの動きや表情によって、視聴者の理解は深まり、「伝えたいこと」がより長く記憶に残るよう促されることでしょう。



このように、3D化はキャラクターを通じて地域社会に対する強い絆を築く手段となると私たちは考えています。

キャラクターの魅力を最大限に活用し、より多くの人々が情報に接する機会を創出するお手伝いをさせていただけないでしょうか。



今回の浜松市ご当地キャラクター3D化プロジェクトは、浜松市の災害を体験するVRコンテンツの開発から始まりました。

防災学習用VRの展示により、市民の日頃の防災・減災に対して自助・共助の意識向上を計ることが目的です。

コンテンツへより興味を持っていただける工夫の一つとして、ご当地の人気キャラクターを3D化してアニメーション作成を行いました。


「家康くん」「直虎ちゃん」が、新たな次元で地域を魅了する先駆けとなることを願って、私たちはこのプロジェクトに取り組んでいます。



*過去に株式会社白獅子が関わらせていただいたキャラクター3D活用の例




3DCGモデリングのプロセス

有名ゲーム開発メーカーでの豊富な3Dモデリング経験を持つクリエイターたちによって、「家康くん」と「直虎ちゃん」の3D化が行われました。


キャラクターの見た目の美しさはもちろん、アニメーションを行う際の品質の高さにも特に注力しています。


①キャラクター3Dデザイン

各キャラクターの特徴を捉え、3D空間での立体感を考慮してデザインしました。



②3Dモデリング

高度な3DCG技術を用いてキャラクターの形状を精密に作成。

美しさと愛らしさが際立つよう細部にわたってこだわりました。



③テクスチャリングとマテリアル

キャラクターにリアルな質感と色彩を与えることで、視覚的魅力をさらに引き上げました。


アニメーションのためのリグとボーンの設定

キャラクターに骨格を組み込み、自然な動きを可能にするための基礎を作りました。


⑤リギング

アニメーション中のキャラクターの動きを制御するために、骨格にリグ(制御構造)を設定しました。


⑥ウェイトペインティング

キャラクターのメッシュ(体表の収縮された面の構成)とボーンの関係を調整し、動きを自然に見せるための細かな作業を行いました。



これらの工程を経て、「家康くん」「直虎ちゃん」は、どんな動きも自然で、表情豊かな3Dキャラクターとして新たな次元に足を踏み出しました。




私たち株式会社白獅子は、浜松市マスコットキャラクター「出世大名家康くん」と「出世法師直虎ちゃん」、そしてこれから3Dキャラクター化されていく全国のキャラクターと地域の皆様の未来を応援しています🐾


皆様の思い描く未来に、少しでも私たちの技術がお役に立てることがありましたら、ぜひお手伝いさせてください。






閲覧数:127回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page