top of page

『HazAwareVR』 VR技術で変える災害対応の未来

現代社会において、災害は予測不可能で避けがたい現実です。

弊社では災害再現VR展示場「HazAwareVR」の研究開発を通じて、この挑戦に対応しています。

東京大学生産技術研究所RC77研究会(目黒・沼田研究室)へ参加、連携し、研究者や企業との情報共有を行いながら、災害を疑似的に発生させた展示場を作成し、災害対策グッズや情報商材を体験者がVR空間内で使用することにより、減災と防災意識の向上を目指しています。



VR技術を用いた災害体験の重要性

  • VR空間での災害体験により、現実的な災害準備に繋げる。

  • 災害対策グッズの効果的な使用方法を学ぶことができる環境の提供。

  • 災害時の判断力と対応力を高めるための訓練へ応用。

具体的なシステム内容とその展開

  • 疑似的に災害を発生させたVR空間内での災害グッズ展示とその使い方説明する。

  • ホームセンターや展示場とは異なる場所での使用実例提示。

  • 簡易トレイ、踏み抜き防止インソールやシューズなど、具体的な災害対策グッズの使用例と効果の説明。

専門家協力による開発の進展

  • 医療研究者や従事者との協力によるリアリティの追求。

  • 公助→自助共助へと繋がる災害教育や対策に対する新たなアプローチの提案。


HazAwareVRの開発、VR技術を活用したこのプロジェクトは、災害時の対応を学ぶための革新的な方法を提供し、より安全な社会の実現に貢献します。

弊社の取り組みは、防災意識の向上と具体的な対策スキルの習得において、画期的なステップとなることを願って研究開発を進めています。

閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page