top of page

研究機関向け3DCG技術の応用:水害シミュレーションと安全教育への展開

更新日:3月8日

3DCGでの水の動きのシミュレーションは、物理演算を用いてリアリズムを追求します。

このプロセスでは、Particleアニメーション技術が中心となり、水害シーンのような複雑な水の挙動を再現することが可能です。


物理演算シミュレーションでは、水の流れや波の動き、物体に対する影響など、自然界の法則に基づいた動きを計算し、ビジュアル化します。

この技術を利用することで、映画やゲーム、VRコンテンツなどで、視覚的に迫力のある水害表現を作り出すことができます。




3DCGの物理演算シミュレーションを応用することで、水害表現だけでなく、より多様な自然現象や複雑な動きを再現できます。

例えば、海の波の揺れ、川の流れ、さらには雨滴が地面に落ちる様子まで、細部にわたる自然の美しさと力強さを表現することが可能です。

これまでのやり取りを通じて、VR体験や安全教育、災害対策など、様々な分野での応用可能性を探求してきました。

3DCGと物理演算シミュレーションの技術は、映画やゲームだけでなく、教育や訓練、さらには科学研究においても貴重なツールとなり得ます。

これらの技術を活用することで、私たちはリアルな体験を通じて人々の理解を深め、感動を与えることができます。



プロジェクトやアイデアに3DCGと物理演算シミュレーションを取り入れ、新たな可能性を探求しませんか?

私たちは、3DCG/VRなどの技術の力で、皆さんの未来をより豊かで安全なものに変えていくことを目指しています。

閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page