top of page

災害対応訓練の進化: VRが拓く新たな可能性

災害は予告なく訪れ、その影響は計り知れません。 準備と意識の向上は、災害発生時のダメージを最小限に抑える鍵となります。 私たち株式会社白獅子はVR技術を活用し、リアルな災害疑似体験を提供することで防災減災意識の向上に貢献しています。

災害VRコンテンツの概要

当社の災害VRコンテンツは、土砂災害、水害(津波・高潮)、地震(住宅、他児童向けに教室内での体験)、火災(住宅)を含む様々なシナリオを作成しています。

これらは全て3DCGでリアルに再現されており、VR技術を通じて実際に災害に遭遇しているかのような体験を提供します。


私たちの強みと独自性

私たちのVRコンテンツは、場所を選ばず、簡単に設置・運用が可能です。

他社製品と比較してリアリズムと参加者の没入感に優れ、学習効果が高いことが最大の強みです。

また岡山市消防局との4年間の共同研究により、VR酔いへの配慮と安全設計が実証されています。


成功事例

岡山市消防局における年間リース契約は、防災減災意識向上の優れた事例です。 また浜松市や京都大学防災研究所との連携も含め、多くの自治体や教育機関での納品開発実績があります。

展示者からは扱いやすさと体験のリアリティの高さに対する肯定的なフィードバックを多数いただいています。 ▶︎岡山市への火災体験VRリース情報はこちらをご覧ください。



▶︎「お客様からの声」はこちらをご参照ください。

影響と価値

「自助・共助」の意識向上に寄与しています。

体験者からは実際に災害に遭遇した際の行動を考えさせられたとの声が寄せられています。

私たちの目標は、先ずは災害対策をより身近なものにし一人ひとりの意識改革を促すことです。


今後の展望

今後は、災害体験のシナリオを増やし、テロなどの災害にも対応したコンテンツを開発していきます。

また医療関連のVRコンテンツ開発にも力を入れ災害時の医療教育にも貢献していきたいと考えています。


自治体、教育機関、大型工場を持つ企業の防災担当者の方々、VR技術を用いた防災減災教育に興味がある方は、ぜひ一度お話ししましょう。

無料でVR勉強会も開催しておりますので、どのような効果が期待できるか、ご一緒に考えてみませんか?

▶︎お問い合わせはこちらから、お願いいたします。



「薬局での地震体験VR」 ▶︎詳細はこちらをご覧ください。





品川防災館での災害VR展示 ▶︎詳細はこちらをご覧ください。





岡山大学医師薬学域での演習風景 ▶︎詳細はこちらをご覧ください。


閲覧数:19回0件のコメント

留言


bottom of page