top of page

高知県、自治体での画期的なVR体験:地域特有の災害対策を再考する




背景と目的 先日、高知県内の仁淀川町、越知町、日高村の役場庁舎において災害体験VRの体験説明会を行いました。

この取り組みは、地域の防災教育を強化し、市民の自助共助の意識を高めることを目的としています。 特に地域に根ざした災害対策の重要性を強調し、実際の災害状況に即した効果的な教育を提供することが私たちの大きな目標の一つです。 展開されたVRコンテンツ 今回の体験会では、岡山市消防局と岡山大学、京都大学防災研究所との共同研究を基に開発された複数のVRシナリオを紹介しました。 これにはコンロ火災、土砂災害、水害、そして教室での地震体験が含まれており、それぞれのコンテンツが地域の地形や特性を反映したものでした。 反応とフィードバック 参加した自治体関係者の皆様からは、「映像のリアルさと臨場感により、迫力があり非常に教育的であった」と評価を受けると共に、各地域の特性に即したカスタマイズに対する具体的なご要望も多く寄せられ、災害対策計画や教育プログラムへの応用可能性について、また課題解決に必要な情報交換、また議論を行いました。 教育への影響と今後の展望 このVR体験は特に教育現場での利用において、災害に対する意識を向上させる可能性を示していると捉えています。

この体験の提供を通じて、地域の皆様が災害時の正しい行動を学び、防災減災への具体的な対策を習得することが期待されています。

これはVRコンテンツが提供する没入型の体験教育による影響を示すものとして、防災減災教育を展開して行く上で有効であると私たちは考えています。


今回、高知県の三つの自治体での体験会は、VRを活用した防災教育の新たな可能性を、私たちも知ることとなる貴重な体験会となりました。

この経験を基に、株式会社白獅子は今後も日本全国の自治体と協力し、それぞれの地域の特性に合わせてカスタマイズされた災害対策VRコンテンツを提供し続けます。

私たちの使命は、技術を通じて地域社会の安全を守り、災害に強い未来を築くことを望む教育者の皆様へ協力することです。

今後も私たちは技術的なアプローチを通じて、地域社会の防災教育の質を向上への貢献を目指します。 この記事が高知県内の自治体と地域の皆様に対する私たちの取り組みの価値を伝え、日本中で、更なる協力と意識向上のきっかけとなることを願っています。


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page