top of page

教室での地震災害体験VR

1. コンテンツの重要性

災害は予測不可能で、その瞬間が授業中である可能性も否定できません。

教室での地震災害体験VRは、まさにそのような突然の状況に対する対応を学ぶために作られました。


2. コンテンツの目的

このVR体験は、児童や生徒が実際の地震発生時にどのように行動すべきかを学ぶのに役立つと考えています。

災害時の適切な行動や安全な避難方法を説明する際、実際の教室環境を模したVR空間で体験し伝えることができます。


3. 対象となる利用者

主に小中学校の生徒、PTAのメンバー、地域コミュニティのイベント参加者を対象としています。

災害教育は全年齢層にとって重要であり、特に学校は子どもたちが多くの時間を過ごす場所であるため、こうした教育が特に重要だと考え制作いたしました。


4. 利用の推奨

このVR体験を広く学校や地域社会で利用され、疑似体験による防災減災意識向上、行動変容に結び付く事を願い、現実の災害に備えるための貴重な学習ツールとして、子どもたちだけでなく、教職員や地域住民の方々にも有益な体験を提供出来ればと考えています。


5. 期待される効果

VR体験を通じて、災害時の行動パターンを身につけることが出来ないでしょうか。

疑似体験を通じて災害に対する意識が高まり、万一の事態に備えて少しでも冷静に、生き残るための行動を取ることができるようになることを期待しています。






また教室での地震を体験するだけでなく、その後、どのように退避行動を行うかを説明する映像も追加可能です。


閲覧数:12回0件のコメント

Comentarios


bottom of page