top of page

VRで変わる糖尿病の未来: 早期発見と治療への新たな一歩

糖尿病は、現代社会における重要な健康課題の一つです。

多くの人々がこの疾患に悩まされている中、早期発見と治療への積極的な取り組みが求められています。

当社は令和5年度産学共創促進チャレンジ事業で、岡山大学病院糖尿病センター監修の元、糖尿病患者及びリスクを持つ人々が医療機関を訪れることを促すVRコンテンツの開発に着手します。 この取り組みは糖尿病の理解を深め、潜在的なリスクに対する意識を高めることを目的としています。


VRコンテンツの狙い

当プロジェクトの核心は、糖尿病の症状や管理方法を、直感的かつ実体験に近い形で提供することにあります。

具体的には、糖尿病による身体への影響をVR空間内で視覚化し、自己管理の重要性や、適切な時期に医療機関を訪れることの大切さを伝えます。


開発背景と期待される効果

現代において糖尿病は「気づかぬうちに進行する病」とも言われ、早期発見が治療の鍵を握ります。VRコンテンツを通じて、糖尿病に対する正確な知識と理解を深めることで、医療受診のハードルを下げ治療効果の向上を目指します。


プロジェクトの進行状況

現在、岡山大学共創機構との共同研究の下、VR技術の適用可能性を探る段階にあります。VRコンテンツでは、糖尿病のリスク要因を明確にし、治療への一歩を踏み出すための動機付けを提供します。



閲覧数:43回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page