top of page

建築、製造業における安全教育:外国人労働者のための労働災害防止戦略

更新日:6 日前

建築業での安全教育 - 外国人労働者の労働災害を防ぐ方法」の提案。

この記事では、建築、製造業界における外国人労働者の安全教育の重要性を掘り下げ、労働災害防止に向けた実践的な戦略を提案します。

株式会社白獅子の大手半導体メーカー、重工業との取り組みを通じて研究、開発を続けている効果的な安全教育のソリューションの実例を一部紹介します。 (秘密保持契約のため、許諾をいただいた一部企業様からの事例のみ掲載いたしております。)

建築、製造業界では外国人労働者の安全教育と労働災害防止が重要な課題です。

本記事では実践的な安全教育のアプローチと成功事例、特に大手半導体メーカーや重工業との取り組みを紹介します。


建築、製造業界では、特に外国人労働者を対象とした安全教育の重要性が高まっています。

言語や文化の違いが安全教育の障壁となり得るため、これらを克服し、労働災害を防ぐための効果的なアプローチが、企業の規模、業種問わず、現在では多方面で求められています。


「労働災害防止のための安全教育」へ向けて

以下の内容は、足場設置施工、解体までの流れと安全教育に特化したビデオ教材を作成した一例です。


安全教育の具体的な伝達事項

  • 安全な足場の組み立てや解体プロセスの重要性

  • 事故を未然に防ぐための基本的な安全対策

  • 言語や文化の壁を越えた教育方法 上記内容で構成し、「技術編/全21編」、「マナー編/全14編」を作成しました。


成功事例の共有

  • ベトナム人労働者を対象に制作した安全教育ビデオの事例 補助金事業を活用して、技術と安全教育に特化したビデオ教材を制作いたしました。 限られた予算で最大限の効果を出すことを目標に、VR化(360°映像)やCGでの細やかな説明、インタラクティブコンテンツ化はせず、教材制作を行いました。 ご協力:伸和工業様(現在/伸和リンク様)



「株式会社白獅子の取り組み」

大手製造、重工業との安全教育プロジェクト

  • 具体的なプロジェクトの紹介とその影響 過去の労働災害の体験をVRで行う事で、訓練センターの展示物だけでは伝えきれない出来事を伝承して、災害が二度と起こらない様、体験によって伝えるコンテンツを開発しています。 また展示室では最小限のスペースと充電代のみの維持費、また簡単な管理のみで設置可能です。

  • CGとプログラミングを活用したインタラクティブな安全教育コンテンツの開発 動画による説明だけではなく、3DCGにより再現したVR空間内での作業実習、複数人同時ログインによる指導、実際に落下物、圧迫、漏電、火災、落下、転倒などの災害を体験し、災害時の対策、「どうすれば事故が起きなったか?」などを『体験』により学習するコンテンツのデザイン構成、開発、保守管理を行っています。

  • 継続的な研究と開発を通じて、業界の安全教育基準を高める取り組み 『体験』をVR空間内へ展開し、安全な事故や災害体験を提供する事で、意識向上、行動変容を促す事に繋がります。 私たちは自然、気象災害、テロ対策のみでなく、産業の基盤を支える労働においても安全を提供するべく、日夜研究・開発を続けています。


開発コンテンツイメージ


安全教育と労働災害防止は、進化し続ける分野であり、最新の情報を提供し続けることが重要です。

株式会社白獅子は、中小企業の建築・製造業者に向けて、高品質で効果的な安全教育ソリューションを提供し、業界の安全基準向上に貢献しています。

私たちのアプローチは知性と専門性を兼ね備えた企業のパートナーとしても、安全教育の新たな標準を築くことです。




閲覧数:11回0件のコメント
bottom of page