top of page

Matterportによる、建物や場所の3Dスキャン

Matterport(マッタ―ポート)の3Dデジタルツイン技術は、視聴者が実際に建物や空間の中を見て回る様な感覚で、奥行き感のある空間の中をスムーズに通り抜け、移動する事が可能です。 また建物全体を立体像としてあらゆる角度から俯瞰的に見渡すことができます。 Googleマップと大きく異なる点は、写真の技術だけではなく、赤外線で建物や配置推されたオブジェクトの凹凸を細かくスキャンして取り込むので、より精細で正確な形状を取り込む事が可能となります。 弊社はメタバースの領域で、3DCGにより空間を構築し、その中で災害や医療、教育の分野で体験学習し、また作業や会話をするシステムを構築、開発する事を得意としていますが、既存の建物や場所をメタバース空間の中へ取り込み、保存する事業も行っています。 一例を紹介いたします。 公益財団法人 大原美術館様 https://www.ohara.or.jp/2022/12/23/7721/ 岡山大学病院様 IVRセンターの紹介 ※◎(マーカー)をクリックする事で紹介動画が再生されます。 https://my.matterport.com/show/?m=2GwC7JTHdFq お気軽に、ご相談ください。 お問合せは、こちらから



閲覧数:38回0件のコメント

Commentaires


bottom of page