top of page

東員町でのVRを活用した防災教育イベントが示す、新たな公共の安全対策

更新日:5月2日

2024年4月24日、東員町役場の防災対策室で、地域の防災減災及び自助共助の意識向上を目指すVR体験と説明会が開催されました。


この体験会は地域住民への防災教育を強化し、より実効性のある対策を町内で広く展開するためのものです。



目的と概要

今回の説明会では、台所でのコンロ火災、住宅街での津波、教室での地震、山間部での土砂災害、鉄砲水など、様々な災害シナリオを再現したVRコンテンツを提供いたしました。


これらのコンテンツは、地域特有の災害に即したリアルなシミュレーションを通じて、防災対策室から地域への発信として、現実の災害時にどのように行動するかの訓練を提供することを目的としています。 

ご参加いただいた皆様からフィードバック

今回のイベントには東員町役場の防災対策室の皆様が参加され、VR技術を用いた体験型防災減災教育の手法について、VR体験が提供する没入感が防災教育に新たな可能性をもたらすとのご意見が多数いただきました。

また、リースによる災害体験VRコンテンツ提供の柔軟性についてもご評価をいただき、その上で特に次年度の予算編成における情報提供や補助金申請のサポートが求められました。 

展開したVRコンテンツの詳細

今回展開したVRコンテンツは、各種災害時をリアルに体験できるよう設計されており、また、それぞれのシナリオは各地域の特性を考慮してカスタマイズすることも可能です。

このアプローチは、現実の災害対策計画の策定に役立つ実践的なデータを提供します。


今後の展望

説明に向かう各自治体では、特に小中学校を中心に防災教育のプログラムを拡大していく計画のご相談を受けています。

VR技術を活用することで、若年層を含むさらに広い層の地域住民に対して、効果的な防災減災メッセージを発信できると期待されています。 

結論

東員町役場での今回のVR体験と説明会は、地域における防災対策の未来を形作る重要な一歩と私たちは捉えています。

VRという技術を用いることで、実際に体験することが難しい災害状況を安全にシミュレートし、より効果的な教育と訓練を実現することが可能です。

今回の取り組みが、東員町の地域の皆様にとって防災減災活動に新たな動力を提供し続けることを願います。



閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page