top of page

未来を担う学生消防団員への研修会の報道(民放3社+山陽新聞社)

先日、岡山市消防局様が行われた学生消防団員への研修会の様子が報道されました。


この研修は、4月から運用が始まった「機能別消防団員」の中でも広報活動に特化した「機能別学生団員」を対象にしたもので、

私たち白獅子がリースを行っているVR機器をご活用いただきました。


報道の映像や写真には、白獅子のロゴの入った機材を写していただいており、

様々な方から”ニュースを見ましたよ”とお声がけいただき、白獅子には私たちのことを気にかけてくださる方がたくさんいてくださっていること、その暖かみを感じました。いつもありがとうございます。


また、この報道が岡山香川にお住まいのたくさんの方に岡山市消防局様の取り組みを知っていただける機会にもなったこと本当に嬉しく思います。





今回使われたVRコンテンツは、てんぷら油からの出火→消火までを擬似体験できるもので、適切な消火方法だけでなく、誤った消火方法を行なった場合の危険性も体験することができます。


学生の皆様はこの体験研修を通して、火災の恐ろしさ、そして広報による防災意識の向上の必要性をより深く感じてくださったように思います。



▶︎OHK岡山様

▶︎RNC西日本放送様

▶︎RSK山陽放送様

▶︎山陽新聞様



これまで、岡山市消防局様では白獅子のVRコンテンツを、主に市民への出前講座などの防火広報に使っていただいておりましたが、今回のように消防団員への研修にも活用いただくことで、弊社としてもVRを用いた防災教育の可能性を更に感じることができました。


私たちの技術が消防団のこれからを担う若い世代の育成に貢献できていることが実感でき、社内でも大変嬉しく感じております。


機能別学生団員としてこれから広報誌の作成や市内の防災イベントや講座などで防災広報の活動を行っていかれるとのこと。

VRを体験して感じた思いを皆様がどのように未来へ繋げてくださるのか期待しています✨



私たち株式会社白獅子も、消防や人命救助に取り組む方々に少しでも多く貢献できるよう、これからも誠心誠意開発を進めてまいります。





(株式会社白獅子 広報担当A)


閲覧数:5回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page