top of page

災害意識の強化を目的としたVR体験:日本原子力研究開発機構様での事例

更新日:2023年12月5日

先日、日本原子力研究開発機構様において、弊社が開発した災害体験VRを防災、減災教育用の展示としてご使用いただきました。

この催しは、地震と津波に対する意識と備えを高めるためのものです。


多世代へのアクセシビリティ

当該VR体験は13歳以下の児童からもアクセス可能なデバイスとアプリケーションを用いており、これによって多様な年齢層が対象となっています。


災害リスク認知の促進

本VR体験によって、参加者は地震や津波が現実に与えうる影響を直接的に体験することができ、これが災害へのリスク認知を向上させる効果を提供しています。


教育的有用性の高さ

特にVRでの試聴は、視覚、聴覚情報から得られる体験によって、こうした課題に対する有用な教育ツールとして期待され、認知が高まっています。


結論

このようにして、VR技術は災害意識の向上において、さまざまな地域、団体、場面での使用で有用性が示されつつあります。

今後もより多くの機関や個人がテクノロジーを用いて、災害への備えを考慮するきっかけにしていただければと考えています。

ご利用いただき、誠にありがとうございました。


閲覧数:37回0件のコメント

Comments


bottom of page