• Snowlion.Inc

【会社紹介】CG,VRの技術で”知識と言語の壁を超える”



みなさんこんにちは白獅子のススです🐱



急に気温が下がり数日前まで冷房がついていた白獅子オフィスにも

ついに暖房がつきました🐈㊗️


今回はブログの場をお借りして改めて白獅子の事業内容などについてお話ししていこうと思います!







CGやVRの技術で専門的なことをわかりやすく


皆さんはCGと聞くとどんなことを想像されるでしょうか?

昨今ではCGやVRが以前より身近な存在になり、実際にご覧になる機会も多くなったと思います。


ですが日常生活で触れるCG、VRはおそらくアニメやゲームなどエンターテイメントの分野で使用されているものなのではないでしょうか?


実際、白獅子代表の春名もCGとの出会いはゲーム会社でした。


その中で、もっとこの技術を社会貢献に使うことはできないか?と考え

CGやVRの技術をエンターテイメント的な要素だけではなく学術的、専門的な分野で活用していこうと決めました。







では学術的、専門的に使うCG,VRとは?


みなさんは人間が受ける情報のうち、視覚や聴覚がどんな割合かご存知でしょうか?


実は情報を処理する場合、全体の情報の約8割は視覚情報なのです。


そこを踏まえて考えると、例えばプレゼンなどの場でジェットエンジンなど複雑な構造のものを説明をする場合に言葉と平面の絵のみで構造や細かい仕組みを伝えるにはかなりの技量が必要なのはイメージしやすいかと思います。




そういった場面で3DCG映像を使用することで言葉だけでは説明の難しい内部の複雑な構造や細かい説明などを視覚的に表現することによって、専門的な知識がなくても誰にでもわかりやすく、かつ記憶に残りやすくすることができるのです。


またVRの場合、CGでの視覚的な情報に加えて”体験”がプラスされることにより、より印象的になります。


白獅子では文章や説明だけでは伝えきれない地震や火災などをVRで事前に擬似体験することにより実際に災害にあった場合に適切な行動、対応ができるようになるのではないか?

というところからVRを利用した防災への研究にも取り組んでいます。


このようにエンターテイメント的なイメージが強いCG,VRですが、使い方によって専門的な難しい内容を誰にでもわかりやすく伝えることができます。







技術・サービスをCG,VRで必要なところへ届ける


世界ではどんどん新しい技術や製品、サービスが生まれていますが

専門的な知識がないと伝わりづらい内容や、言語の壁により届いて欲しい人々に

届かなくては意味がありません。


作る人と使う人、技術と社会、ベンチャー企業と投資家


私たち白獅子のミッションはこのように専門的であるがゆえに伝わりにくいことを、わかりやすくすることで必要な場所や人に橋渡しをし、素晴らしい技術や文化をわかりやすく伝えることです。


そしてCG,VRの技術を使い多くの人が理解できる映像やコンテンツを企画、制作、運用までをお手伝いさせていただきエンターテイメント的な要素だけでない


”専門的なことを伝える映像”


をご活用いただくことで時間、利益、人脈をより効率的に得ることができると考えます。


さらに世界でパンデミックを巻き起こしたコロナウイルスの影響で急速にウェブやネット、リモート需要が高まったことにより以前より海外との関わり方も変わりました。


今後さらにCG,VRのような技術も発展、さらに広い範囲での活用が見込めるのではないでしょうか?








頭の中にあるものをより具体的に


白獅子では実際にコンテンツを作っていく中で

”専門家による監修” ではなく ”専門家が監督を手がける” ような

形で作っていきます。


そう言われても一体どういうことなの?

と疑問に思われると思います。


私たちの仕事は専門的で難しい事柄を説明するためのコンテンツを作ることです。


その上でご依頼してくださった専門家の方が監督のような立場になってもらうことにより

必要なものやご依頼主の頭の中にある答えをうまく具現化し、正確かつわかりやすい映像を作っていきます。


そうすることにより、技術やサービスが本当に必要な人、団体、地域、国に伝えることができ結果として素晴らしい技術で社会が豊かになると考えています。










”知識と言語の壁を超える”


白獅子では会社理念として”知識と言語の壁を超える”という言葉を掲げています。


自分とは年齢やジェンダー、また言語の違う人々、誰でも楽しめるCG,VRという

コンテンツを通して様々な技術、素晴らしいサービス、遠くの国の文化などに気軽に触れてもらうことで社会とコミュニケーションを図る。


そんな思いが込められています。




いつもよりなんだか硬い内容になってしまいましたが

ざっくりとこんな思いで白獅子は仕事に取り組んでいるんだな、と

知っていただければ幸いです😺



このような理念を大切に、さらに社会に貢献できるよう仕事に取り組んでまいります!

今後とも白獅子をよろしくお願いいたします😸







23回の閲覧
ft.jpg

<岡山開発室>

〒700-8530
岡山県岡山市北区津島中1-1-1 
岡山大インキュベータ206

<東京営業所>

〒107-0062

東京都港区南青山1-20-2
 

代表:TEL:086-236-8869

Copylight © 株式会社白獅子