top of page

高度なCG技術を用いたクジラの科学的可視化とその研究への応用

360°VR動画となっています。画面をカーソルで動かすか、スマートフォンを移動、回転させてご視聴ください。

要旨

このVRコンテンツ制作は、日本鯨類研究所、東京海洋大学加藤名誉教授の監修の元、マッコウクジラ、イワシクジラ、ニタリクジラ、セミクジラに関する高精度なCGアニメーションと仮想現実(VR)コンテンツを開発を行いました。

このプロジェクトは、クジラに関する研究と普及に貢献するとともに、その生態と保全についての認識を深める目的で行われたものです。

 

制作過程について

クジラの形状、テクスチャ、体表の質感等は、ナノミクロ単位で細かく再現されました。

この過程には、多数の科学的調査とフィードバックが含まれており、研究者からの多岐に渡る要望を反映させた大変貴重な制作物です。

 

結果

世界屈指の研究者との協力により、「それなりのイメージ」作成でのCG制作が1ヶ月程度で完了するところを、約2年を費やして完成させました。

このことから、科学的な厳密性と業界標準の品質が確保されていることが示された貴重なVRコンテンツです。

 

考察

このプロジェクトが研究者に提供する価値は多岐に渡ると考えています。

第一に、これまでにないレベルの精度で3Dクジラを視覚化できるため、詳細な分析と解釈が可能となると考えています。

第二に、これらのコンテンツは教育と啓発にも用いられ、科学的な知識を一般大衆に広める最適な手段ともなると想定しています。

 

結論として、

高度な慣習を受けて制作された高精度CGとVR技術を用いたクジラの可視化プロジェクトは、研究者だけでなく一般大衆にも有益な情報を提供する重要な手段であり、クジラ研究の新たなフロンティアを開く可能性に繋がればと常に考え。私たちは制作にあたりました。

以下は、東京海洋大学(品川キャンパス)内に展示されてある、

約22m、セミクジラの骨格標本をスキャンした3Dモデルの画像データになります。

0826_2.jpg

​くじらの博物館3Dスキャン

制作の過程で必要な調査のため訪れた、太地町立くじらの博物館の3Dスキャンコンテンツもご覧ください。

※地面の<>をクリックすると画面が進行し、「◉」を押すと説明動画が再生、テキストが読める仕組みになっています。

https://my.matterport.com/show/?m=9oy47m8mZ8u

bottom of page